性器ヘルペスの症状・治療まとめ

単純ヘルペスには2つの型があり、口元に出来るのを「口唇ヘルペス」、性器周辺に出来るのを「性器ヘルペス」と呼ばれています。時間はかかるけど自然治癒できる病気ですが、かゆみや痛みがあるので治療薬を使えば早めに治ってしまう病気でもあります。

*

ヘルペスウイルスに感染する原因は?

      2016/05/30

口の周りがぴりぴり、むずむずしたり、水ぶくれができてしまったり、性器の周りやお尻に赤い発疹ができてしまうこれらの原因は、単純ヘルペスウイルスです。単純ヘルペスウイルスはあまり聞きなれませんが、幼いころにかかった人も多い「水ぼうそう」を引き起こす水痘・帯状疱疹ウイルス菌の仲間です。

一度感染してしまうと内服薬や点滴、軟膏などで治癒したように見えても、単純ヘルペスウイルスは人間の神経節に潜り込んで休眠し、ストレスや疲労などでウイルスを抑え込む免疫力が低下したタイミングで再び活動を活発化して単純疱疹(ヘルペス)を引き起こします。

口唇ヘルペスも性器ヘルペスも同じウイルス

単純疱疹と言ってもできる部位によって呼び方が違い、唇やその周囲にできるものを口唇ヘルペス、性器や肛門、お尻にできるものを性器ヘルペスと呼びます。

ヘルペスは部位に違いはあれどウイルスが身体に付着することで感染するため、親密度の高い家族や恋人の間で感染していきます。そのため、愛のウイルスとも呼ばれています。

口唇ヘルペスの感染

口唇ヘルペスは、夫婦や親子間で感染していくことがほとんどです。

食器やタオルの共有、保菌者が入った後のお風呂に入る、キスや頬ずり、食べ物の口移しが主な原因となります。

また、口の周りにできてしまった水疱を潰すと、その中にある水分にも多くのヘルペスウイルスが潜んでいるため、子供同士の接触でも次々に広がっていきます。水疱の中の水に触れた手で性器などに触れることで、性交渉を行っていなくても、性器ヘルペスになってしまう可能性もあります。

性器ヘルペスの感染

性器ヘルペスは、そのほとんどが性的接触が原因で感染していくものです。20代~30代の女性に多く発症し、複数の相手との性交渉が原因で、引き起こされると言われています。

口唇ヘルペスになっている人や保菌者との性交渉でオーラルセックスをすることで、性器ヘルペスになってしまうことや、逆に性器ヘルペスになっている人とのオーラルセックスで、口唇ヘルペスになってしまうこともあります。

ストレスなどから角膜ヘルペス

身体の神経節に潜んでいた単純ヘルペスウイルスが、角膜の神経を司る三叉神経に潜んでいた場合、ストレスや疲労などで目に現れることがあります。これは角膜ヘルペスと呼ばれ、充血や視界のぼやけ、視力の低下を招いてしまいます。

単純ヘルペスはすぐに発症しない人もいるので注意

ヘルペスウイルスは感染して数日で発症する場合、1週間で発症する場合、数年経ってから発症する場合など人によって様々です。

また、しっかり治療をしておかないと再発することも少なくはありません。身体の中からウイルスを完全に除去できないことが原因のため、一度でも発症したことがある人は発症を、抑える免疫力を落とさないようにすることで再発を防ぐことができるようになります。