性器ヘルペスの症状・治療まとめ

単純ヘルペスには2つの型があり、口元に出来るのを「口唇ヘルペス」、性器周辺に出来るのを「性器ヘルペス」と呼ばれています。時間はかかるけど自然治癒できる病気ですが、かゆみや痛みがあるので治療薬を使えば早めに治ってしまう病気でもあります。

*

男性がかかりやすいと言われる性感染症と症状とは?

      2016/08/07

男性がかかりやすい性感染症は性器クラミジア、性器ヘルペス、淋病、尖圭コンジロームが代表的です。

これらの性感染症は現在も増え続けており、多くの場合が診断を受けていない、未診断状態のことが多いです。性感染症に関する症状や特徴をあげていきますので、思い当たる方は医療機関の受診を考えてみるのがよいかもしれません。

性感染症のほとんどはセックスが感染経路となっていることが多く、きちんとしたコンドームの着用によって防止することができます。

●性器クラミジアの症状とは

まず初めに、性器クラミジアですが、この疾患は女性のかかりやすい性感染症のナンバー1です。しかし、女性が感染していれば、当然男性への感染リスクも高くなりますので、注意が必要です。

男性の場合の症状は

  • 軽度の排尿痛
  • 尿道からの膿
  • 尿道のかゆみなどの違和感
  • 軽度の発熱
  • 尿道炎

などがあり、10代~20代の若者層に多い感染症です。女性と同じく、感染をしても症状がかなり軽度だったり、症状がない場合も多く、そのままにしておくと精巣上体が腫れたり、前立腺の炎症を起こすことにもなります。

●性器ヘルペスの症状とは

最後に性器ヘルペスについてです。性器ヘルペスは初発の場合が症状が重く、再発の場合は軽いことが多いです。

男性は陰茎や亀頭などに多く、お尻や肛門、直腸粘膜などに出ます。症状はムズムズする感じやヒリヒリする感じから、赤い水泡ができます。潰瘍ができると強い痛みになり、リンパ節が腫れて痛みも生じます。

●淋病の症状とは

淋病についてですが、淋菌が原因となる女性にかかりやすい性感染症の1つで、主な症状は、激しい排尿痛や尿道からの黄色い分泌物が出ることが多いです。また先述して性器クラミジアと類似しているため、誤認しやすいことも特徴です。時には無症状の場合もあるので、発覚が遅れる場合もあります。

●尖圭コンジロームの症状とは

次に尖圭コンジロームという聞きなれない病名ですが、男性・女性に問わず、ヒト乳頭腫ウイルスに感染する病気です。セックスで感染する率が高いので、日本国内で4万人以上感染してると言われています。

症状としては、男性・女性とも似たような状態で、男性は陰茎・包皮・亀頭などの性器や肛門周辺に先のとがった水泡ができることが多いです。尖圭コンジロームは、痛みやかゆみのような自覚症状が乏しいことが多く、気づきにくいので、薄いピンク色や茶色のイボがきていたら迷わず受診しましょう。

気になったら泌尿器科で診察

このように性感染症は、さまざまな症状が発現します。

類似した症状を持つ性病もありますので、気になった場合は、早急に受診することをおすすめします。性感染症は先述した通り、予防にはコンドームを的確に着用することや、不特定多数の女性と性交を行わないなど、性病について知っていれば簡単に行なえる予防法がほとんどです。

自分が感染したり、パートナーを感染させてしまってからでは遅いので、責任を持って予防するように心がけましょう。